経営者保険・保険の見直しなど法人保険のことならお任せ!

法人保険 de あんしん館  

保険用語辞典

ここでは保険に関する用語集をまとめさせて頂いております。
専門的で意味がよくわからないと言葉に関しては、こちらでお調べ下さい。

 

頭金(あたまきん)
保険料の払込方法の一つで、契約時にまとまった資金で、保障の一部を一時払いしてしまう方法。以後は残りの保障部分の保険料を払い込めばよく、頭金を入れない場合と比べて安くなります。

一時払い(いちじばらい)
保険期間全体の保険料を1回払いで払込む契約方法です。保険料は、月払いや年払いで払込む総額に比べて最も安くなります。尚、保険会社や保険の種類によっては、払込み方法が決まっていて、一時払いを選べないものもあります。

一入院支払限度日数(いちにゅういんしはらいげんどにっすう)
1回の入院で入院給付金が受け取れる日数の限度。1入院支払限度日数は30日・60日・120日・360日・730日・1000日などタイプがあり、長くなるほど保険料は高くなります。最近では「がん」・「心筋梗塞」・「脳卒中」の場合は支払限度日数無制限というタイプも発売されています。同じ病気やケガが原因で短期間で再入院した場合は、1回の入院とみなされ、支払限度日数は前回の入院日数と通算されます。退院の翌日から180日以上経過後に再入院した場合には、たとえ同じ病気やケガが原因の入院でも新たな入院とされるのが一般的です。

一泊二日入院(いっぱくふつかにゅういん)
「今日」入院して「明日」退院すること。従来の保険では、5日以上の入院で5日目から給付金を受け取れるタイプ、病気で8日以上・ケガで5日以上の入院で1日目から給付金を受け取れるタイプ、が主流でしたが、最近では、1泊2日の入院や、て帰り入院でも給付金が受け取れるタイプの保険が増えています。

一般勘定(いっぱんかんじょう)
運用実績にかかわらず保険金額が一定である「定期保険」などの資産を管理運用する勘定のことで、運用実績にかかわらず一定の予定利率を契約者に保証しています。それに対して「変額保険」の資産管理運用する勘定のことを特別勘定といいます。

祝い金(いわいきん)
保険事故の発生時ではなく、子供の学齢期や、一定期間を経過した時点で生きていた場合などに、保険会社から受け取れるお金のこと(入学祝金・健康祝い金など名称は様々)。

受取人変更(うけとりにんへんこう)
契約者は原則として、保険期間中であれば保険金受取人を変更することができます。ただし、死亡保険金の支払事由が発生したあとは、変更できません。 変更にあたっては、被保険者の同意が必要です。

延長定期保険(えんちょうていきほけん)
保険料の払込みを中止しても、それまでと同額の死亡保障を「定期保険」として継続する方法です。保険期間は、その時点での解約返戻金をもとに計算されます。計算上、保険期間が元の契約を超える場合は、元の保険期間まで(保険会社によっては80歳まで)となり、満了時に生存給付金が支払われ調整されます。延長定期保険に変更した場合、入院保障などの特約は消滅します。