経営者保険・保険の見直しなど法人保険のことならお任せ!

法人保険 de あんしん館  

お客様の声

 


精密機器製造会社
創業社長
50代男性

創業から今日までがんばって会社を大きくしてきた社長さんは、ここのところ後継者候補である息子さんがだいぶ育ってきてこともあり数年後に経営をバトンタッチしたいと考えておられました。
具体的にお話を進めるうちに目的が大きく2つに絞られました。
一つ目は、7年後に予定している私の退職金の準備と、会社に少しでも余裕資金を残してバトンタッチをすること。
二つ目は、仮に私に万が一のことがあった場合、私の家族に対する死亡退職金と、会社の立直し資金等を残すこと。

対策
将来の事業承継に備えて、逓増定期保険へ加入をしました。
実際に事業承継について、真剣に考えることが無かったのですが、対策を行った後の私の家族、会社の後継者・社員に対して、責任が果たせる安心感が湧き、今では事業にのみ集中できるようになりました。との感想を頂きました。

 

会社で所有している、営業車8台の自動車保険のことで相談を頂きました。心配な点は以下3点でした。

  • 1.現在8台の自動車をばらばらに保険加入していますが、その都度継続の手続が面倒だ。
  • 2.自社での自動車保険の管理を、もっと解りやすくしたい。
  • 3.補償の見直しを含めて、出来れば保険料を安くしたい。

対策
保険証券を拝見させて頂くと、確かに保険始期日がばらばらで、保険内容も一目瞭然ではありませんでした。そこで、ノンフリート全車両一括という保険付保の方法を提案させて頂きました。
この付保方法のメリットは…

  • 1.保険始期日が統一され、管理がしやすい。
  • 2.継続の手続が、年1回で済む。
  • 3.一定の台数で割引が適用される

など、社長のご要望にマッチしたものでした。デメリットとしては、等級継承の問題で同じ等級割引もしくは等級割り増しを保険残存期間の間、引き継がれてしまうということがありましたが、前記のメリットを評価いただき、ご採用いただきました。


アパレル会社
創業社長
30代女性

 


WEBサイト制作会社
創業社長(創業2年目)
20代男性

会社設立後、時代の流れも乗り順調に業績を伸ばしてこられた社長さんは、「この業界は特に今は良くてもこの先いつどうなるかわからないのが不安だ…」と考え、将来のために今からできることはないか?と漠然に考えておられました。

対策
松下幸之助氏が提唱する「ダム経営」の概念を説明したうえで共感を頂き、財務対策の一環として逓増定期保険を採用いただきました。
これでわが社にも資金のダムができ、将来の経営の舵取りの幅が広がったと喜んでいただきました。